問題集でTOEIC対策し、150点アップ実現

私は海外で英語を勉強したことがあるのですが、海外へ行く前にTOEICを受けてみました。これが人生初めてのTOEICとなった訳ですが海外へ出る前の自分のスコアが知りたかったのが一番の理由です。なのでたいした勉強をすることもなく受験しました。結果はと言うと「惨敗」です。

地元でそこそこ有名な英語の短大を卒業したとはとても言えない状態でした。それでリベンジと称し再度受験することにしたのですが、勉強法と言えばかなりシンプル、ただひたすら問題集を解くだけです。TOEICの問題集を見ていると同じような問題が繰り返し出ていたのに気づいたので、問題に慣れるためひたすら問題集とにらめっこをしていました。

リスニングに関しては確かに聞き取りの能力が必要なのですが、ある人がリスニングは知らない言葉や単語があるとどれだけ考えても意味が分らないのにも関わらず意識がその単語にいってしまい、その後に続く文章を見逃しがちだと教えてくれたことを思い出し、いかに意識がストップしないで全体を聞き流せるようになるかを意識してトレーニングをしました。

そして2回目の受験結果ですが見事前回よりも150点アップ。満足行く結果となりました。TOEICは選択方式なのでケンブリッジ検定に比べるとスコアのUPは勉強しだいで意外と簡単に伸ばせるかと思います。もしスコアに伸び悩んでいる方がいらっしゃったら私の学習を方法を参考にして頂けたらうれしいです。


この英語学習者のように、問題集をひたすらやるというのは、TOEIC対策としては有効なようです。試験慣れというものですね。それに、繰り返すことにより英語力も付きますし、自信も付いてくることでしょう。