英語検定試験の対策

英語検定試験私達の周りには様々な種類の英語試験がありますよね。学生時代でしたら、学校の試験があるわけですが、大学・社会人になると、それらとは違った一般的な英語検定試験が待ち構えています。


まずどのような用途で英語試験が使われるのでしょうか?


まずは就職(就活)に際してTOEIC試験結果が求められるというケースがあります。グローバル化の社会になってきていますから、企業はこれから職場で活躍する戦力にはある一定以上の英語力を期待します。そのために就活前にTOEIC試験を受けて、自己アピールできるくらいの点数をとっておかなければならないと考える学生も多いでしょう。


職場というのは、新入社員だけでなく、既存の社員に対しても、そのステージ毎に英語力のレベルを求める場合もあります。課長になるためにはTOEIC採点何点、部長クラスは何点といったような規定を定めている企業もあります。


会議も英語で行なわれる企業も出てきていますので、今後の昇進を狙っている場合には、英語スキルをおろそかにすることはできない状況になりつつあります。


これから海外に飛び立とうと計画している人には、当然のごとく高い英語力が求められます。海外留学したいと考えている場合、しかも語学留学ではなく、海外の大学の本科生として勉強したいと考えている場合には、英語検定試験で、あなたの英語力を示しておく必要があります。


海外の場合、英語検定試験としてTOEICが使われることはまずありません。TOEICは日本と韓国で受験者の90%以上を占める、ある種特殊な試験です。海外で一般的に認められているし試験ではありません。


海外のアメリカ圏ではTOEFL、イギリス圏では、IELTSが、英語力を測る試験として広く採用されています。このTOEFLやIELTSで、大学ごとで定められたある一定のスコア以上を獲得しないと、入学が認められません。


このように、英語試験というのはあなたが今後活躍する国内外の様々な状況で必要とされてくるでしょう。国内対策なら、TOEIC、もしくは英検。海外に視野を移した場合は、TOEFLやIELTS試験ということになるかと思います。


多くの人の場合は、まずは国内で、ということになるでしょうから、そういった意味ではTOEIC対策を真剣に考えなければならない人がほとんどという状況です。


人によってTOEICのターゲットスコアは異なるでしょう。まずはTOEIC500点と思っている人もいるでしょうし、企業レベルでしたら、600点以上、730点以上、800点以上など、それぞれのケースによって求められてくる点数は異なります。


現在のあなたのスコアと目標スコアに大きなギャップがある場合もあるでしょうが、焦らずにひとつづつ階段を上がっていくように、レベルアップを目指していくことが必要です。


英語試験に限らず、英語スキルというのは、一朝一夕に身に付くということはありません。小さなことの繰り返しで、徐々にレベルアップしていくしか方法がないと思っていいでしょう。


継続は力なりとは、英語学習にはピッタリと当てはまる格言です。目標を持って、諦めずに、コツコツと歩みを止めずに継続していくことが成功への鍵となります。


本サイトでは、ほかの英語学習者の皆さんが、どのような方法でTOEICをはじめとする英語検定試験の勉強をして、対策していったかをご紹介しています。それらの方法や結果、意見などを参考にすることは、あなたの今後の英語学習にとって役に立つかと思います。